タキグチデザインラボについて

タキグチデザインラボ(旧:迷走旅社デザインファクトリー)は、2007年に設立した、主にエディトリアルデザイン(編集デザイン、雑誌などの誌面デザイン)を手掛けるグラフィックデザインの事務所です。

その他、広告やリーフレット、CIなど、デザインも取り扱っております。これまでコピーライティングや撮影、編集・企画など、制作の全てに関わってきたので、出版から販促まで、制作の殆どをワンストップで行えることから、大掛かりな手順を必要としない、シンプルでタイムラグやブレのない制作を売りとしています。

現在は主に観光情報誌やタウン誌の制作を中心に活動しており、生きている情報を取り扱うことが多いので「早く、確実に、見やすい」をモットーに、フットワークの軽さを武器に、読み手と作り手が意思疎通できる、距離距離の近い媒体制作を心がけています。